犬 アトピカ 副作用

犬のアトピカに潜む恐ろしい副作用とは?

愛犬がアトピー性皮膚炎で苦しんでいるならお薬は
  • ステロイド
  • アトピカ

 

の二者択一になります。

 

痛み止めに起こる男性

 

ただ、ステロイドは「副作用がきついから嫌だ!」
という理由でアトピカを選ぶ方が多いです。

 

ステロイドはお薬の名前ではありません。

 

うつ病のお薬を抗うつ剤といいますね。
これと同じ感じでステロイドを使っています。

 

抗うつ剤の中にパキシルとかソラナックスというお薬があるわけです。

 

ステロイドにもデキサメサゾンやプレドニゾロン、ベタメタゾンなどがあります。

 

ステロイドの中でも最も副作用の少ないものがプレドニゾロンです。
当サイトでもプレドニゾロンの投与量や通販で購入できるサイトをご紹介しています。

 

犬猫のプレドニゾロン5mgを通販で激安価格で購入するならコチラ!

 

 

プレドニゾロンは副作用が他のステロイドより少なめです。
それでも、多量長期間プレドニゾロンをに使うと肝臓に障害が出たり、
糖尿病になったりすることがあります。

 

そういった意味でも愛犬のアトピー性皮膚炎や免疫会財政用血性貧血の治療にはアトピカを使う方が多いです。

 

とはいえ、アトピカだってお薬です。副作用だってあります。

 

アトピカの副作用を小動物の治療薬第2版(文英堂出版、桃井康行著)
で確認してみました。

 

アトピカの副作用は以下の通りです
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 歯肉の増生
  • 多毛症
  • 乳頭腫
  • パピローマ
  • 腎障害
  • 肝障害
  • 易感染性

 

ステロイドの副作用のように糖尿病はありませんでした。
ですが、易感染性といってステロイドと同じように
ばい菌などに感染しやすくなるという副作用もあります。

 

また、乳頭腫やパピローマは皮膚の腫瘍です。
こういった副作用もアトピカにはあります。
そういった意味ではアトピカの副作用も恐ろしいものがありますね。

 

とはいえ、愛犬がアトピー性皮膚炎で体をボリボリかきむしって
苦しんでいなら、アトピカを購入して飲ませてあげた方がよいでしょう。

 

アトピカの投与量はアトピー性皮膚炎なら体重1kgあたり5mgを1日1回、
免疫介在性溶血性貧血なら体重1kgあたり10mgを1日1回から2回です。

 

アトピカの購入を検討しているなら該当する青い文字をクリックしてください。

 

アトピカ25mg
アトピカ50mg
アトピカ100mg

 

仮に愛犬がアトピー性皮膚炎なら
  • 体重が5kgならアトピカ25mg
  • 体重が10kgならアトピカ50mg
  • 体重が20kgならアトピカ100mg

 

がおすすめです。

 

 

関連ページ

ドロンタールプラスはジアルジアに効く?
犬用ドロンタール錠はジアルジアという原虫を駆虫できるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬回虫の症状
犬が回虫に感染するとどんな症状がでるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬回虫の治療はどうする?
犬回虫の治療はどうすればよいのか?わかりやすく解説しました。
皮膚がカサカサする原因
愛犬の皮膚がカサカサする原因についてわかりやすく解説しました。
皮膚のかゆみケア対策とは?
犬の皮膚にかゆみがあるときにはどんなケアをすればよいのでしょうか?詳しく解説しました。
なぜ下痢で血と粘液が混ざる?
愛犬が急に下痢をした。下痢便に粘液と血が混ざっている原因はいったい何でしょう?わかりやすく解説しました。
ロキソニンとメロキシカム
メロキシカムとロキソニンならどちらのお薬を愛犬に飲ませた方が良いのでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬の皮膚が黒くなる原因
愛犬の皮膚が黒くなる2つの原因についてわかりやすく解説しました。
愛犬が下痢!ごはんOK?
愛犬が下痢した場合、ごはんを与えてもよいのかどうか?わかりやすく解説しました。
犬回虫の駆除法とは?
犬回虫が愛犬に発生してしまった場合の駆除をどうすればよいのか?わかりやすく解説しました。
アジソン病の治療で使うお薬は?
犬のアジソン病の治療で使うお薬をご紹介します。このお薬の名前を知ったうえで個人輸入で激安価格でお薬を購入することも可能になります。
アジソン病の薬代はいくら?
犬のアジソン病の薬代はいくらかかるのでしょうか?もし高額なら個人輸入に切り替える方法はどうでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬のアジソン病の治療法
愛犬がアジソン病だと診断されたなら、どんな治療を受けることになるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
アトピカとステロイドの違いは?
アトピカとステロイドの3つの違いをご存知ですか?意外に知られていないことなので、こちらの記事限定で説明します。
アジソン病ならこの食事!
愛犬がアジソン病になった場合、どんな食事を与えた方がよいのか?わかりやすく解説しました。
僧帽弁閉鎖不全で使うお薬とは?
愛犬が僧帽弁閉鎖不全症ならどんなお薬を飲ませないといけないのでしょうか?具体的なお薬の名前も挙げて説明しました。
心臓病で咳がなぜ起こる?
犬の心臓病で咳の原因と回数が増える原因にはどんなものがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
心臓病による発作の対処法
愛犬が心臓病による発作を起こしたら飼い主であるあなたはパニックになるかもしれません。ですが、そんなときでもこのような対処をすれば大丈夫です。
犬の膿皮症に効くお薬とは?
犬の膿皮症によく効くお薬をご紹介します。
分離不安に効くお薬はコチラ!
犬の分離不安に効くお薬を当サイトでご紹介します。当記事をご覧いただければ犬の分離不安用のお薬がわかります。
分離不安の3つの治し方とは?
愛犬の分離不安を改善させる3つの治し方をご紹介しています。この記事を読むことで愛犬の分離不安が解消されるかもしれません。ぜひご覧ください。
犬の分離不安の症状は?
犬の分離不安症の症状についてわかりやすく解説します。
分離不安の原因とは?
愛犬が分離不安だと診断された場合、どんな原因が考えられるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬の外耳炎に効く点耳薬は?
犬の外耳炎でよく効く点耳薬をご紹介しています。犬の外耳炎で悩んでいる飼い主様、ぜひご覧ください。
犬が外耳炎に!治療法は?
愛犬が外耳炎になったら治療はどうすればよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
外耳炎で起こる3つの症状は?
犬の外耳炎で起こる3つの症状をご紹介しています。あなたの愛犬が外耳炎かどうか?この記事をよくわかります。
外耳炎の5つの原因は?
犬が外耳炎を起こす5つの原因をご紹介しています。原因がわかれば対策を練りやすくなりますよ。
ベトメディンを過剰摂取したらどう対処する?
ベトメディンを愛犬に過剰摂取させてしまったらどう対処すればいいのか?わかりやすく解説しました。
犬の便秘におすすめのお薬
愛犬が便秘で苦しんでいるならおすすめのお薬があります。詳しくは当サイトをご覧ください。
かさぶたの原因と治療法
愛犬の皮膚に『かさぶた』が出来た場合に考えられる原因と治療法についてわかりやすく解説しました。
ジアルジアに効くお薬は?
犬のジアルジアに効くお薬は何でしょう?わかりやすく解説しました。
犬の耳にかさぶたができる原因
犬の耳にかさぶたができる3つの原因と対処法についてわかりやすく解説しました。
犬回虫の駆虫法とは?
愛犬に回虫の駆虫薬を飲ませる適切なタイミングについて説明させて頂きます。この記事を読んでいただけると愛犬を回虫から守ってあげることができます。
変形性脊椎症の治療は?
老犬に多いつらい病気に変形性脊椎症があります。変形性脊椎症の治療はどうするのでしょうか?わかりやすく解説しました。
痛み止めならステロイド?
犬の痛み止めならステロイドか非ステロイドのどちらを飲ませてあげた方がよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
痛み止めに潜む副作用
犬の痛み止めを使用すると起こりうる副作用について臨床獣医師の立場からわかりやすく解説しました。
犬にできた黒いかさぶたの正体とは?
犬にできた黒いかさぶたの正体についてわかりやすく解説しました。
犬の背中にできたかさぶたの正体とは?
犬の背中にできたかさぶたの正体についてわかりやすく解説しました。
犬が便秘したときの対処法
犬が便秘したときの対処法についてわかりやすく解説しました。
愛犬が元気なのに下痢をする原因とは?
愛犬が元気なのに下痢をする原因についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 犬のお薬 猫のお薬