アトピカ ステロイド 違い

アトピカとステロイドの3つの違いを知ってから選択しませんか?

アトピー性皮膚炎は原因不明の皮膚病です。
でも、愛犬や愛猫はものすごくかゆがります。

 

アトピカ使用中のアトピー性皮膚炎の犬

 

だから、かゆみなどの症状を抑えるためにアトピカかステロイドが処方されます。

 

ただ、アトピカかステロイドのどちらを処方するかは
動物病院の獣医師の判断しだいです。

 

 

疑問に感じた女性

「何が言いたいの?」と思われたかもしれません。

 

私が言いたいのはアトピカにもステロイドにも
いいところと悪いところがあるということです。

 

 

このことを飼い主さんが知らずに盲目的に受け入れてしまうと

 

あとで誰かの情報を読んで知ったときにものすごく後悔してしまうのではないか?」と思ったのです。

 

実際、アトピカとステロイドは同じアトピー性皮膚炎のお薬であっても
まったくタイプが違うお薬です。

 

そこでこの記事ではアトピカとステロイドの3つの違いについて説明します。

 

この3つの違いを理解していただければ
ご自身の判断でステロイドかアトピカを選択できるようになります。

 

そして、かかりつけの動物病院の先生に相談しお薬を変更してもらったり、あるいは別の動物病院に転身したり、ご自身で個人輸入をしたりすることができるようになります。

 

 

アトピカとステロイドの3つの違いとは?

 

効果が違う

 

アトピカは免疫抑制剤。

 

アトピカ

 

免疫を抑制すること”だけ”に特化したお薬です。

 

だから、免疫を抑える以外に使うことができません。

 

アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎は
愛犬や愛猫の免疫が過剰に反応して起こる病気です。

 

だからこそ、免疫抑制剤であるアトピカが効果的なのです。

 

 

それから、ステロイドは副腎皮質ホルモン。
副腎という腎臓の隣にある臓器から分泌されるホルモンです。
人工的にステロイドを作って愛犬や愛猫に飲ませています。

 

ところで副腎皮質ホルモンは免疫という部分だけでなく全身に作用します。

 

たとえば、全身の痛みに効きます。
頭が痛いときにステロイドを飲むとすぐに頭痛が治まります。
また、関節炎にもステロイドは効きます。

 

しかもステロイドは高容量だと免疫抑制効果もあります。
だからアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎に効果があるんですね。

 

でもアトピカは免疫を抑制する作用しかないので痛みには効きません。

 

ちなみにステロイドに対して
非ステロイドといって有名どころではバファリンやロキソニンなどがありますね。

 

非ステロイドはステロイドの作用の中でも
痛みを抑えることや熱を下げることだけに特化したお薬です。

 

だからステロイドのように免疫を抑える効果はありません。

 

 

効果が出る時間が違います

 

ステロイドは即効性があります。飲んで1時間もあれば効いてきます。
ですがアトピカは効果が出て来るのに1ヶ月くらいかかります。

 

とはいえ、副作用はステロイドの方が強いです。

 

ステロイドの副作用は
  • 血糖値が上がり糖尿病になりやすい
  • 肝臓に負担がかかる
  • おしっこの量が増える
  • お水を飲む量が増える
  • クッシング症候群というホルモンの病気になりやすい
  • 胃や腸に潰瘍ができて食欲不振になりやすい

 

などがあります。

 

これに対してアトピカの副作用は
  • 嘔吐
  • 肝臓に負担がかかりやすい

 

くらいです。

 

つまり、作用が出る時間は圧倒的にステロイドの方が早い反面、
副作用がきついわけです。

 

逆にアトピカは作用が出る時間はかなり長いですが
副作用が少ないです。

 

したがって、アトピー性皮膚炎のような長期間飲み続けるお薬なら
アトピカの方が愛犬や愛猫にとっておすすめできます。

 

 

値段

 

副作用に関してはステロイドの方がきついわけですが、
値段はステロイドの方が圧倒的に安いです。

 

1錠それこそ30円くらいではないでしょうか。

 

ですが、アトピカは1錠300円から1,000円くらいかかります。

 

ステロイドもアトピカも体重にもよりますが
1日1錠くらい必要です。

 

だから、1日当たりアトピカを選択すると約10倍高いです。

 

1ヶ月飲み続けるならステロイドなら1,000円くらいであっても
アトピカなら10,000円〜30,000円くらいかかります。

 

1年だったらステロイドなら12,000円くらいですが
アトピカなら12万円〜36万円くらいかかります。

 

 

アトピカ

「アトピカ高すぎる!」と思った方が大半でしょう。

 

ですが、副作用のことを考えるとアトピカを選ばざるを得ません。

 

 

こういったことを理解したうえでアトピカを選ぶなら
個人輸入、つまり通販をおすすめします。

 

個人輸入なら動物病院で購入するより圧倒的に安い価格で
アトピカを手に入れることができます。

 

 

アトピカの投与量は体重1kgあたり5mgです。
たとえば、体重が10kgの愛犬なら50mgのアトピカが必要です。

 

愛犬の体重を測ったうえでこちらをご覧ください。

 

犬用アトピカ25mgを激安価格で購入したい方はコチラ

 

犬用アトピカ50mgを激安価格で購入するならコチラ

 

犬用アトピカ100mgを激安価格で購入するならコチラ

 

 

関連ページ

ドロンタールプラスはジアルジアに効く?
犬用ドロンタール錠はジアルジアという原虫を駆虫できるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬回虫の症状
犬が回虫に感染するとどんな症状がでるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬回虫の治療はどうする?
犬回虫の治療はどうすればよいのか?わかりやすく解説しました。
皮膚がカサカサする原因
愛犬の皮膚がカサカサする原因についてわかりやすく解説しました。
皮膚のかゆみケア対策とは?
犬の皮膚にかゆみがあるときにはどんなケアをすればよいのでしょうか?詳しく解説しました。
なぜ下痢で血と粘液が混ざる?
愛犬が急に下痢をした。下痢便に粘液と血が混ざっている原因はいったい何でしょう?わかりやすく解説しました。
ロキソニンとメロキシカム
メロキシカムとロキソニンならどちらのお薬を愛犬に飲ませた方が良いのでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬の皮膚が黒くなる原因
愛犬の皮膚が黒くなる2つの原因についてわかりやすく解説しました。
愛犬が下痢!ごはんOK?
愛犬が下痢した場合、ごはんを与えてもよいのかどうか?わかりやすく解説しました。
犬回虫の駆除法とは?
犬回虫が愛犬に発生してしまった場合の駆除をどうすればよいのか?わかりやすく解説しました。
アジソン病の治療で使うお薬は?
犬のアジソン病の治療で使うお薬をご紹介します。このお薬の名前を知ったうえで個人輸入で激安価格でお薬を購入することも可能になります。
アジソン病の薬代はいくら?
犬のアジソン病の薬代はいくらかかるのでしょうか?もし高額なら個人輸入に切り替える方法はどうでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬のアジソン病の治療法
愛犬がアジソン病だと診断されたなら、どんな治療を受けることになるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
アジソン病ならこの食事!
愛犬がアジソン病になった場合、どんな食事を与えた方がよいのか?わかりやすく解説しました。
僧帽弁閉鎖不全で使うお薬とは?
愛犬が僧帽弁閉鎖不全症ならどんなお薬を飲ませないといけないのでしょうか?具体的なお薬の名前も挙げて説明しました。
心臓病で咳がなぜ起こる?
犬の心臓病で咳の原因と回数が増える原因にはどんなものがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
心臓病による発作の対処法
愛犬が心臓病による発作を起こしたら飼い主であるあなたはパニックになるかもしれません。ですが、そんなときでもこのような対処をすれば大丈夫です。
犬の膿皮症に効くお薬とは?
犬の膿皮症によく効くお薬をご紹介します。
分離不安に効くお薬はコチラ!
犬の分離不安に効くお薬を当サイトでご紹介します。当記事をご覧いただければ犬の分離不安用のお薬がわかります。
分離不安の3つの治し方とは?
愛犬の分離不安を改善させる3つの治し方をご紹介しています。この記事を読むことで愛犬の分離不安が解消されるかもしれません。ぜひご覧ください。
犬の分離不安の症状は?
犬の分離不安症の症状についてわかりやすく解説します。
分離不安の原因とは?
愛犬が分離不安だと診断された場合、どんな原因が考えられるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬の外耳炎に効く点耳薬は?
犬の外耳炎でよく効く点耳薬をご紹介しています。犬の外耳炎で悩んでいる飼い主様、ぜひご覧ください。
犬が外耳炎に!治療法は?
愛犬が外耳炎になったら治療はどうすればよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
外耳炎で起こる3つの症状は?
犬の外耳炎で起こる3つの症状をご紹介しています。あなたの愛犬が外耳炎かどうか?この記事をよくわかります。
外耳炎の5つの原因は?
犬が外耳炎を起こす5つの原因をご紹介しています。原因がわかれば対策を練りやすくなりますよ。
ベトメディンを過剰摂取したらどう対処する?
ベトメディンを愛犬に過剰摂取させてしまったらどう対処すればいいのか?わかりやすく解説しました。
犬の便秘におすすめのお薬
愛犬が便秘で苦しんでいるならおすすめのお薬があります。詳しくは当サイトをご覧ください。
かさぶたの原因と治療法
愛犬の皮膚に『かさぶた』が出来た場合に考えられる原因と治療法についてわかりやすく解説しました。
ジアルジアに効くお薬は?
犬のジアルジアに効くお薬は何でしょう?わかりやすく解説しました。
犬の耳にかさぶたができる原因
犬の耳にかさぶたができる3つの原因と対処法についてわかりやすく解説しました。
犬回虫の駆虫法とは?
愛犬に回虫の駆虫薬を飲ませる適切なタイミングについて説明させて頂きます。この記事を読んでいただけると愛犬を回虫から守ってあげることができます。
変形性脊椎症の治療は?
老犬に多いつらい病気に変形性脊椎症があります。変形性脊椎症の治療はどうするのでしょうか?わかりやすく解説しました。
痛み止めならステロイド?
犬の痛み止めならステロイドか非ステロイドのどちらを飲ませてあげた方がよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
痛み止めに潜む副作用
犬の痛み止めを使用すると起こりうる副作用について臨床獣医師の立場からわかりやすく解説しました。
アトピカに潜む副作用とは?
犬のアトピカに潜む恐ろしい副作用についてわかりやすく解説しました。
犬にできた黒いかさぶたの正体とは?
犬にできた黒いかさぶたの正体についてわかりやすく解説しました。
犬の背中にできたかさぶたの正体とは?
犬の背中にできたかさぶたの正体についてわかりやすく解説しました。
犬が便秘したときの対処法
犬が便秘したときの対処法についてわかりやすく解説しました。
愛犬が元気なのに下痢をする原因とは?
愛犬が元気なのに下痢をする原因についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 犬のお薬 猫のお薬