犬 下痢 粘液 血

愛犬が下痢!粘液と血が混ざるときの原因とは?

下痢便に疑問に感じる老夫婦

「愛犬が下痢をした」

 

「下痢便の中に粘液のようなものや血も混ざっている・・・」

 

愛犬にそんな症状があるのなら
以下になぜ愛犬の下痢便の中に粘液や血が混ざっているのか?
わかっていただけるはずです。

 

ただ、あらかじめ言っておきますと

  • 愛犬の食欲がまったくない
  • ぐったりしている
  • 嘔吐が何回も続く

 

といった症状も下痢以外になるなら
腸閉塞の可能性があります。

 

腸閉塞とは腸に石やゴム、腫瘍がつまっていて
緊急手術を受けないと助からない病気です。

 

あるいは便に血が混ざるというより
大量のトマトジュースのような血液が
肛門から出て来るなら、
犬パルボウイルス感染症の可能性もあります。

 

その場合には以下の文章を読まずに
すぐに動物病院に連れて行ってあげてください。

 

 

以下は下痢便だけど、ぐったりしてないし
何十回も嘔吐をしていない愛犬の飼い主さんだけ
お読みください。

 

愛犬が下痢!粘液と血が混ざるときの原因とは?

 

まず人間もそうですが愛犬の腸は2つにわかれます。
小腸と大腸です。

 

私たちは食事を摂ると

 

 

 

食道

 

 

 

 

小腸

 

 

大腸

 

 

肛門

 

と食べ物がやがて便に変わり
排出されていきます。

 

 

小腸は胃に近い方、
大腸は肛門に近い方だと理解してください。

 

そして、下痢を起こしている場所が
小腸なのか大腸なのか?判断する一つの材料が
下痢便に粘液が混ざっているかどうか?です。

 

粘液が混ざっている方を大腸性の下痢といい、
粘液が混ざっていない方を小腸性の下痢といいます。

 

他にも血液の色が真っ赤なのは大腸が原因であることが多く
血液が黒っぽいなら小腸が原因であることが多いです。

 

小腸性の下痢の場合血液の色が黒っぽくなるのは
血液は鉄が混じっているからです。

 

腸から出血をして肛門まで行くのに時間がかかり
酸化するからです。

 

鉄って時間がたって錆びると黒くなりますね。
あれと同じ現象が血液にも起こるのです。

 

逆に大腸で出血してもすぐに肛門に届くので
赤いままの血液が便に混ざって出てきます。

 

 

 

あと、「どうして下痢をすると出血するの?心配なんですけど・・・」
という方もいらっしゃいます。

 

獣医師

腸にも私たちの顔にできるニキビができます。

 

専門用語を使うと顔にできたニキビを皮膚炎といい、
腸にできたニキビを腸炎と言っているのです。

 

そして、腸にできたニキビがつぶれて出血したため
下痢便に血が混ざっているのです。

 

 

もちろん大量出血の場合には
舌の色も真っ白になりますしぐったりするでしょう。

 

ですが、この記事をここまで読んでいるあなたのワンちゃんは
そこまで重篤な症状がないはずです。

 

だったら、下痢便に粘液と真っ赤な血が混ざっているのは
大腸炎という病気が原因でしょう。

 

その場合には、子犬でないなら
1日絶食することから始めてください。

 

「水分はどうしたらいいの?」
と心配な方は、動物病院で点滴治療を受けるとか
少量の水を与えるようにしましょう。

 

とにかく絶食させることで
胃や腸を休ませることが大腸炎の治療で重要です。

 

最後にまとめますと、愛犬の下痢便の中に
血液と粘液が混ざるのは、大腸に炎症が起こっているから。

 

対処法としては子犬でないなら
1日絶食させることです。

 

それでも改善しないようなら動物病院に連れて行ってあげてください。

 

 

犬の病気に関する記事一覧記事一覧

関連ページ

ドロンタールプラスはジアルジアに効く?
犬用ドロンタール錠はジアルジアという原虫を駆虫できるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬回虫の症状
犬が回虫に感染するとどんな症状がでるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬回虫の治療はどうする?
犬回虫の治療はどうすればよいのか?わかりやすく解説しました。
皮膚がカサカサする原因
愛犬の皮膚がカサカサする原因についてわかりやすく解説しました。
皮膚のかゆみケア対策とは?
犬の皮膚にかゆみがあるときにはどんなケアをすればよいのでしょうか?詳しく解説しました。
ロキソニンとメロキシカム
メロキシカムとロキソニンならどちらのお薬を愛犬に飲ませた方が良いのでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬の皮膚が黒くなる原因
愛犬の皮膚が黒くなる2つの原因についてわかりやすく解説しました。
愛犬が下痢!ごはんOK?
愛犬が下痢した場合、ごはんを与えてもよいのかどうか?わかりやすく解説しました。
犬回虫の駆除法とは?
犬回虫が愛犬に発生してしまった場合の駆除をどうすればよいのか?わかりやすく解説しました。
アジソン病の治療で使うお薬は?
犬のアジソン病の治療で使うお薬をご紹介します。このお薬の名前を知ったうえで個人輸入で激安価格でお薬を購入することも可能になります。
アジソン病の薬代はいくら?
犬のアジソン病の薬代はいくらかかるのでしょうか?もし高額なら個人輸入に切り替える方法はどうでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬のアジソン病の治療法
愛犬がアジソン病だと診断されたなら、どんな治療を受けることになるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
アトピカとステロイドの違いは?
アトピカとステロイドの3つの違いをご存知ですか?意外に知られていないことなので、こちらの記事限定で説明します。
アジソン病ならこの食事!
愛犬がアジソン病になった場合、どんな食事を与えた方がよいのか?わかりやすく解説しました。
僧帽弁閉鎖不全で使うお薬とは?
愛犬が僧帽弁閉鎖不全症ならどんなお薬を飲ませないといけないのでしょうか?具体的なお薬の名前も挙げて説明しました。
心臓病で咳がなぜ起こる?
犬の心臓病で咳の原因と回数が増える原因にはどんなものがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
心臓病による発作の対処法
愛犬が心臓病による発作を起こしたら飼い主であるあなたはパニックになるかもしれません。ですが、そんなときでもこのような対処をすれば大丈夫です。
犬の膿皮症に効くお薬とは?
犬の膿皮症によく効くお薬をご紹介します。
分離不安に効くお薬はコチラ!
犬の分離不安に効くお薬を当サイトでご紹介します。当記事をご覧いただければ犬の分離不安用のお薬がわかります。
分離不安の3つの治し方とは?
愛犬の分離不安を改善させる3つの治し方をご紹介しています。この記事を読むことで愛犬の分離不安が解消されるかもしれません。ぜひご覧ください。
犬の分離不安の症状は?
犬の分離不安症の症状についてわかりやすく解説します。
分離不安の原因とは?
愛犬が分離不安だと診断された場合、どんな原因が考えられるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬の外耳炎に効く点耳薬は?
犬の外耳炎でよく効く点耳薬をご紹介しています。犬の外耳炎で悩んでいる飼い主様、ぜひご覧ください。
犬が外耳炎に!治療法は?
愛犬が外耳炎になったら治療はどうすればよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
外耳炎で起こる3つの症状は?
犬の外耳炎で起こる3つの症状をご紹介しています。あなたの愛犬が外耳炎かどうか?この記事をよくわかります。
外耳炎の5つの原因は?
犬が外耳炎を起こす5つの原因をご紹介しています。原因がわかれば対策を練りやすくなりますよ。
ベトメディンを過剰摂取したらどう対処する?
ベトメディンを愛犬に過剰摂取させてしまったらどう対処すればいいのか?わかりやすく解説しました。
犬の便秘におすすめのお薬
愛犬が便秘で苦しんでいるならおすすめのお薬があります。詳しくは当サイトをご覧ください。
かさぶたの原因と治療法
愛犬の皮膚に『かさぶた』が出来た場合に考えられる原因と治療法についてわかりやすく解説しました。
ジアルジアに効くお薬は?
犬のジアルジアに効くお薬は何でしょう?わかりやすく解説しました。
犬の耳にかさぶたができる原因
犬の耳にかさぶたができる3つの原因と対処法についてわかりやすく解説しました。
犬回虫の駆虫法とは?
愛犬に回虫の駆虫薬を飲ませる適切なタイミングについて説明させて頂きます。この記事を読んでいただけると愛犬を回虫から守ってあげることができます。
変形性脊椎症の治療は?
老犬に多いつらい病気に変形性脊椎症があります。変形性脊椎症の治療はどうするのでしょうか?わかりやすく解説しました。
痛み止めならステロイド?
犬の痛み止めならステロイドか非ステロイドのどちらを飲ませてあげた方がよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
痛み止めに潜む副作用
犬の痛み止めを使用すると起こりうる副作用について臨床獣医師の立場からわかりやすく解説しました。
アトピカに潜む副作用とは?
犬のアトピカに潜む恐ろしい副作用についてわかりやすく解説しました。
犬にできた黒いかさぶたの正体とは?
犬にできた黒いかさぶたの正体についてわかりやすく解説しました。
犬の背中にできたかさぶたの正体とは?
犬の背中にできたかさぶたの正体についてわかりやすく解説しました。
犬が便秘したときの対処法
犬が便秘したときの対処法についてわかりやすく解説しました。
愛犬が元気なのに下痢をする原因とは?
愛犬が元気なのに下痢をする原因についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 犬のお薬 猫のお薬